FC2ブログ

正解の仕方~本番と日常の一致

前回、私が持っているプロとしての視点を書きました。
非常に重要なことを書きましたのでどうぞ、お読みになってみてください。
どういう順番になるかはわかりませんが、今後は
その目次的なものの中身に触れていきたいと思っています。
      
中学受験生だけではなく、小学生全学年・中学生・高校生の指導もしています。
今は、中学生高校生の期末試験直前期。

私の生徒さん達は、なぜか、
全員同時に変化の時を迎えています。
自分を見つめ、自分の足で立とうとしはじめています。  
私は、全力でサポートしていくつもりです。

   


自分がその問題を解ければ、人に教えることもできるかというと…
それは違います。

自分が解けるということと教えることとの間には
かなりの距離があります。
そのことをお父さんお母さんはご存知でしょうか?


私は、プロの家庭教師として仕事をしています。

問題は解けて当たり前です。
その先に家庭教師としての力量が表れると考えています。

「教える」ためには、その一問を単に「解ける」という次元より、
はるか彼方の高い次元にいる必要があります。

高い次元にいて、その子供さんの全体を見ていることが、
プロの家庭教師の条件だと思います。

子供さんたちに、単なる小手先の受験テクニックではなく
本物の力をつけてもらうために、私は自分を磨き、
高い次元にいたいと考えています。

受験生本人もお父さんお母さんも、一生懸命であるがゆえに
非常に、視野が狭くなってしまいます。

私が合格までの『地図を描く』のは、狭くなってしまった視野を
広く持っていただくためにしていることです。
地図は、高いところから見ていないと描けません。


本番では、結果オーライです。
あてずっぽうでも、○は○です。得点になります。
それでいい。

しかし!

準備の段階で結果オーライというわけにはいかないのです。
その問題そのものはもう出ない。
結果オーライでできてもあまり意味がないのです。

私は”正解の仕方”を見ています。

来年の1月2月、この子が一人で試験場に行き、
一人で試験問題を解き、正解に到達できるか。

このことを常に考えています。見ています。

本番を想定した勉強。
日常と本番の一致。


これが、使える本物の力をつけるポイントです。
私は子供たちに、その重要性を教えます。
そして、『一致』した状態を維持してもらうためにさまざまな
アプローチをし続けています。

子どもたちは、小手先のテクニックだろうが
この先同じ問題が出ても解ける気がしなかろうが、
目の前の一問が簡単に、短時間で解けてしまうことを
喜びます。本物の力をつけようという発想は持てないのです。

子供たちが気づいて姿勢を変えられるまで、
私は「本当の力をつけよう」と言い続けます。
同じことをずっと言い続けることは、
非常にエネルギーの要る仕事です。
でも、それを言い続け、示し続けています。
それが私の仕事に対する姿勢だからです。


経験に裏打ちされた確固たる信念を持って、
同じ姿勢を保ち続ける。
同じ姿勢を子どもたちに見せ続ける。
これがプロの仕事です。


小学2年生の終わりから大手塾に通いながら、
6年生の4月の段階で割合の公式を覚えておらず、
1割や1%を小数であらわすことのできなかった子が、
一か月で、割合の基本、損益算、濃度算、相当算
(割合関連特殊算)について自由自在に解けるようになりました。
もう決して解けなくなることはありません。
決してです。

正しく入れた知識は、絶対にへらない、
なくならないのです!


これまでの3年半はなんだったんだ~!と本人がさけんでいました(笑)
嬉しい雄たけびです。

私を信じ、本物の力をつけようと決断してくれた。
拍手を送ります。

これから先は、もっともっと速く力がついていきます。
正しく知識を入れれば、
使うべき時にその知識を
的確に取り出して
使うことができるんだ!
勉強って楽しいんだ!
と知ったからです。


塾で、「理屈を考えず、なんでもいいから丸ごと覚えろ」と
言われ続けていたこの子は、これまで勉強の楽しさを
知りませんでした。

知らないまま3年半も通い続けていたのです。

出会えてよかった



お役に立ちましたらクリックしてください。
多くの方に読んでいただきたいと思い、ランキングに参加しています。
スポンサーサイト



テーマ : スゴい勉強テクニック
ジャンル : 学校・教育

プロ家庭教師が教える勉強の仕方

1.はじめに
*お父さんお母さんへ…情報を入れない勇気を!
               新たな不安を作り出さないと決める!
*受験生へ…混沌よさようなら~!

2.家庭教師の視点
*最低ラインの勉強を最高の方法で勉強する
*日本語の論理が追えないと勉強はできない。問いに答えられない。
   →急がば回れ!日本語の力をつける方法
*教材を使いこなす…四谷大塚予習シリーズその他関連教材に対する評価
             早稲田アカデミーの教材について
             市販の使える教材→中学受験算数&国語(おすすめ!)
*発想の転換を!姿勢を変える!
*無限の世界から有限の世界へ
   やったほうがいいことは無限にある→しかし、時間は有限
   →従って、絶対にやらなくてはならないことからやるしかない。
*大枠→中身
*「量」の勉強と「質」の勉強
*「抽象化」と「具体化」→抽象と具体を行ったり来たりする重要性
*「公式」と「あてはめ」を意識する
*「より高く跳ぶために一旦低くかがめ」の法則
*「相対」の世界から「絶対」の世界へ
*本番を想定した勉強→本番と日常の一致の重要性
*問いの重要性→問いに答える
*知識を整理して入れなおす→必要な時に取り出すためのラベルを貼る
*あやふやな知識は100あっても0点。確実な知識が50あれば50点になる←発想の転換

3.楽しく集中するための道具
*姿勢を良くする…知恵マット
*香の効能…サーキュエッセンス、アロマオイル
*音楽の効能…モーツアルト、ミラクルサウンドボックス
*まほうのじゅもん…ありがとう
*宝地図の効能
*体を緩める…ゆる体操、ストレッチポール、ストレッチボード
*体を温める…エンバランス腹巻き、レッグウォーマー、ネックウォーマー
*右脳学習の効能

4.各科目の技術、勉強の仕方
*国語の技術→記述式問題に対処するには。選択問題に対処するには
*算数の技術→本番を想定したインプット。アウトプットの技術。
*語句や理科社会→右脳高速勉強法
*英語→日本語の構造との対比、構造をつかむ



参考になりましたらクリックをお願いいたします。
多くの方に読んでいただいて、有意義な受験生活を送っていただきたいと
思っています。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

中学受験、プロ家庭教師の視点

中学受験生とその親御さんにむけて、
プロの家庭教師がどのような視点をもって指導しているのか
目次的なことを書くといいつつ、遅くなってしまいました。


「合格までの地図を描く」のが私の仕事だと書きました。
お父さんお母さんが、受験情報を取捨選択する指針も示します。
(あくまでもサポートです。迷っておられるときに視点をお示しします)

子供さんに合格のための勉強を教えるだけでなく、
お父さんお母さんの悩みや迷いを削減することも私の仕事だと考えています。
お父さんお母さんの気持ちの安定が子供さんの気持ちの安定に、
大きく影響するからです。

本来勉強することは楽しいことであるはずです。
それなのに…

苦しみながら受験勉強をしている人が多すぎる!!!

思うように成績が上がらない、なのに子供は受験生だという自覚がない。
このままだらだらいってしまうんじゃないか?
不安でいっぱいになってしまって…
そんなお母さん方の不安を解消するために
私は繰り返し繰り返し『中学合格までの地図』を
示します。

今、子供さんがどこにいるのか現在地を示します。
なぜ、そこにいるのか?
子供さんの陥っている状況と脱出法をお話します。
子供さんの心の中をお話します。
受験生みんなが陥る心情というものがあります。
その子供さん特有の心の動きというものもあります

私はプロです。
その子がどういう子であるのか?
心の動きについてどんなくせを持っているのか?
思考過程にどのようなくせがあるか?
いつもいつも見ています

私と会わない1週間、どんな過ごし方をしていたのか。
手に取るようにわかります。

この1問を解くにあたり、どういう心の動きが当たったのか。
思考の過程と感情の動きがわかります。

私は、自分がつかんだその子の姿を元に
その子だけの『合格までの地図』を作り、
本人とお父さんお母さんに示します。

今、うまくいっていないのはなぜか?
どのように対処していくか?
お父さんお母さんに何を手伝っていただきたいか?
ここを越えると次はこうなるそこを越えると次はこうなる…

アップダウンも含めて、子供さんが歩んでいくであろう
ルートを示します。

ここで対処しないとこの道を行くことになるが
今、このように対処するとこちらの道を進めるようになる。

お父さんお母さんにそのようなことをお話し、
不安な気持はひとまず置いておいて、
また今日から一歩一歩やっていこうという気持ちを
取り戻していただくのも
私の大事な仕事の一つだと思っています。




参考になりましたら、クリックをお願いいたします。
多くの方にこのブログをお読みいただいて、
楽しく正しく受験生活を送っていただきたい!
これが私の願いだからです。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

「適当なものを選べ」って何?

「適当なものを選びなさい」
「適当でないものを選びなさい」


入試でよくある問いですね。

昨年受け持っていた6年生の女の子が言いました。
「せんせ~い、『適当なもの』って何ですかあ?」

「次の言葉の対義語を選びなさい」
「類義語を選びなさい」これもよくある問いです。

昨年受け持っていた他の6年生が言いました。
「せんせ~い、『対義語』って何ですか?
『類義語』もわかりません」

問いが分からないことには答えようがありません。


これは極端な例ですが、最近、子供たちの語彙不足を強く感じます。

昨年受け持っていた受験生のうち3人の女の子が、
『非難する』という言葉を知りませんでした。
3人とも『避難する』だと思っていたのです。
それでは意味が通じないのですが、おかまいなしです。

意外かもしれませんが、『非難する』という言葉は、
入試問題文中によく出てきます。
そして、問いに絡むことの多い言葉です。
簡単な問いであっても、『非難』を『避難』だと思っていると
解けません。たったそれだけのことで一問失います。


ほかにも…

(むっつり)と黙り込んだ

太陽が(かっと)照りつける

(どっと)歓声があがる

雨が(しとしと)降っている

彼は(ずけずけ)ものを言う人物だ

彼は(しぶしぶ)うなづいた

雪が(しんしん)と降っている

水が(こんこん)と湧きでている


これらを入れられない子どもが多いのです。選択肢が与えられていてもです。
(驚いたことに、「雨がざぶざぶ降っている」とあてはめた子がいた。)
本来であれば受験対策として勉強するような言葉ではないはずです。
生活の中の表現です。

語彙があまりにも不足しているのではないか。非常に心配しています。

では語彙を増やすにはどうすればよいのでしょうか?

覚えなさい!ではだめです。使えません。
語感を伴わなければ使えないのです。


お父さんお母さん、体験と言葉をつなげてやってください。

確かに一朝一夕に身につくことではありませんが、
今からでも遅くはありません。
雨がしとしとふっていたら「雨がしとしと降ってるね!」と
教えてやってください。
生活の中に、できるだけ多くの表現を取り入れてください。

私は絵本も非常に効果的だと考えています。


ランキングに参加しています
お役に立ちましたらクリックをお願いいたします。
まっすぐ本物の力をつけるために、
多くの方にこのブログを読んでいただきたいと考えています。




テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

情報を入れない勇気

前回『情報を入れない勇気』と書きました。

それは”余計な”情報を入れない勇気です。

溢れる受験情報に振り回され、疲れきっている
お父さんお母さんがたくさんいらっしゃるはずです。

疲れ切り、そしてイライラする。
そのイライラは、やる気を出さない子どもに向かう。

夫婦で子どもを責め、追い詰めてしまった…
一番してはいけないことをしてしまった…と自分を責める
お母さんの言葉を、私は毎年毎年聞いています。

特に2学期に入ると、家庭の中が大荒れに荒れる。

精神的に行き詰った状況のお宅にうかがうケースは多々あります。


プロ家庭教師である私の仕事は
『地図を描くこと』


今自分がどこにいるのか、どこに向かっているのかを見失っている
お父さん、お母さん、子供さんに対し、
目的地までの地図を描き
「現在地」
と目的地までの「ルート」を示すことです。

普通のお父さんお母さんには情報を選別することは難しい。
前回のお母さんは決して珍しいケースではないのです。
子供さんのことを思い、一生懸命だからこそ見えないことが
あるのです。

みなが同じ地図を持ち、
安心して、地に足をつけ、淡々と
一歩一歩進んでいける状態を作る。


山あり谷ありの険しい道であっても、自分が”間違いなく”
前進していることがわかる。
目的地に近付いていることがわかる。
”伸びている”、”力が付いている”ことを実感しながら受験勉強ができる。
これは楽しいこと。しんどくても楽しい。
ご家庭全体をこの状態にもっていく。

これが私の仕事です。

夏休みが終わるまで。
これが、ぶれない頑丈な土台を作るチャンスです。

若干名(2名あるいは3名が限度だと思いますが)でしたら
生徒さんをお受けできます。

最初は外でお会いしてお話をさせていただくことにしています。
子供さんの成績表や模試の答案をお持ちください。
私は身元を証明できるものをお持ちします。

ご相談のみでもかまいません。

ただ、プロとして責任をもってアドバイスを差し上げるという観点から
30分1500円程度の費用をお考えいただければと思います。

お役に立ちましたらぜひクリックしてください。
ランキングに参加しています。



にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

スカイブルーボトル

Author:スカイブルーボトル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード